初心者ドライバーが気を付けないといけない車の交通ルール

お役立ち情報

車の免許を取得したばかりの初心者ドライバーさんにも分かりやすく車の交通ルールをお伝えしていきます。

今回は車を安全に走らせるためにきをつけておくべき事やランプの使い方、雨の日に気をつけておきたい3つの注意点までを調べてまとめたので最後まで読んでみてくださいね!

車を安全に走らせるために気を付けておくべき事

信号が青になってからすぐに車を走らせるのは危険なので焦らず左右の安全確認をして車を走らせましょう。

信号がない交差点を走る時はいつでも車や歩行者が来てもいいように車の速度を落として走ると安全を確認しながら交差点を走る事ができます。

赤信号になったらブレーキをゆっくり踏んできちんと止まりましょう。

交差点を曲がる時は30メートル手前でウインカーをだして曲がる時に左右を確認して曲がりましょう。

曲がる前は曲がる方向の方に車を寄せて後ろの車直進できるようにが通りやすくするようにしてあげてくださいね。

駐車場の場合自分が車に降り乗りできればいいと自己中心的な考えではダメです。

駐車場では先に止めた人が優先なので先に止めた人が降り乗りできるように車を止めるようにしましょう。

留める時はきちんと駐車場の線に沿って止めてくださいね。

高速道路では一般道路よりも早くスピードを出していいですが速度制限を表している看板があるのでそれをみて速度制限をきちんと守って前の車との距離をきちんとあけておきましょう。

高速道路で追い越しをする場合は右側の車線から追い越しをしましょう。

左から車線変更をすると事故をする可能性があるので絶対にやめましょう!

すぐにクラクションを鳴らすのはやめましょう。

クラクションは本当に危ない時だけならさないと煽られたと勘違いした人が怒って何をされるか分かりません。

なのでクラクションは滅多に鳴らさないようにしましょう。

ランプの使い方

ハイビームの光は上向きで目にあたりやすく明かりがとても明るくまぶしいので歩行者が通っている時にはロービームにしてのライトを下の方にしておきましょう。

路肩でどうしても止まりたい時はハザードライトを点滅させてから路肩で止まれそうな所を見つけたら徐行して路肩に車をつけましょう。

他にもハザードランプには使い道があります。

ハザードランプを点滅させる事でこの先渋滞しているからスピードを落としてねという事を後ろの車に知らせる事ができます。

ウインカーは右、左どっちに曲がるのかを後ろの車に教える事ができます。

雨の日に気をつけておきたい3つの注意点

  • 雨の日は滑りやすいのでブレーキが利きにくくなりますなので前の車のとの距離をいつもよりも開けるようにしましょう。
  • 水たまりに気づいたらできるだけスピードを落として歩行者に水たまりの水がかからないようにしましょう。
  • お昼や朝でも雲が厚くて暗い時はライトをつけましょう。

絶対にしてはいけない交通ルール

障害者専用の駐車スペースに通常の人は絶対に駐車してはダメです。

障害者の人も他の人も迷惑がかかるのでやめましょう。

他にも駐車スペースがないからと言って駐車してはいけない所に車を止めるのも他の人の迷惑になるので絶対にそういう所には駐車しないようにしましょう。

窓を開けるのは良いですが窓から手や顔を出したりすると危険なのでやめましょう。

他にも窓からゴミを捨てて車の外にいる人に当たったらトラブルになりかねないので危険なので絶対にやめてください!

まとめ

この記事を読んでおけば交通のマナーを少しでも頭に入れる事ができるので、安全運転を心がける事ができます。

実際に車に乗る時にこういう内容の記事があったなと内容を思い出していただけたら幸いです。

みなんさんで意識して安全運転を心がけましょう。

お役立ち情報
スポンサーリンク
これからの時代を生き抜く為に

コメント