仮想通貨取引を安心して行うために確認すべきチェックポイント

資産運用

仮想通貨の取引を始めようとしても、仮想通貨には多くの種類があり、取引所によって提供されているサービスが異なります。安心して仮想通貨取引を行うためには、どんなことに注意すればいいのか、分かりやすく説明します。

仮想通貨取引について


仮想通貨も金融商品の一つと言えます。しかし、従来の株式や外国為替FXなどとは異なる特徴があります。

他の金融商品との違い

最も大きな違いは、取引所によって価格が異なるということです。仮想通貨の場合、異なる取引所では同じ仮想通貨でも価格が異なります。これは、各取引所がそれぞれ「マーケット(市場)」を持っており、その中で売買が完了するからです。一つの取引所に買い注文が集中すると、他の取引所と比べて価格が上がるということが起こります。

一方株式の場合、上場されている証券取引所で売買されます。投資家は証券会社を利用しますが、証券会社は投資家と証券取引所を取次する役割を担います。そのため、どの証券会社を利用しても共通の「マーケット(市場)」を利用することになり、手数料などを除く株式自体の値段は変わりません。

外国為替なども同一のマーケットを利用し、各取次店や代行店が投資家に代わって取引を行います。

仮想通貨の場合、取引所によって価格が異なることを利用した「アービトラージ」という取引が可能です。安く買える取引所と、高く売れる取引所の売買差を利用して利益を出す方法です。

仮想通貨を購入するとどうなるのか?

仮想通貨が法定通貨(日本円や米ドルなど)と大きく異なるのは、紙幣や硬貨が存在しないということです。法定通貨の場合は、紙幣や硬貨を物理的に手に入れることができます。しかし仮想通貨の場合は、デジタルデータとしてしか存在しないため、物理的に手に入れることはできません。

そのため、仮想通貨は「ウォレット」と呼ばれる仮想通貨用の財布のようなもので管理・保有します。ウォレットには様々なタイプがあります。パソコンやスマホなどにアプリをインストールするもののほか、保管した仮想通貨をオフラインで管理するハードウェアウォレットもあります。取引所の自己口座も、ウォレットの一つです。

仮想通貨は、それぞれがユニークな特徴を持っています。しかし、保有することで直接的なメリットを得られるかどうかは仮想通貨によって異なります。株式優待のようなメリットは、仮想通貨では得られない場合がほとんどです。

仮想通貨は、国境を越えたボーダレスな取引を可能にします。今のところ実生活で利用できるシーンはほとんどありませんが、スマホ一つで国境を気にせず旅する時代がすぐそこまで来ています。

大きなボラティリティ

価格の安定性を「ボラティリティ」と言い、仮想通貨のように激しく値動きする状態を、「ボラティリティが大きい」とか「ボラティリティが高い」などと言います。

ボラティリティが高いことは仮想通貨の大きな魅力です。仮想通貨取引による最大のメリットは、価格の上昇によって資産が増えることです。2017年のビットコイン(Bitcoin:BTC)の価格は、1年の間に約30倍になりました。短期間で価格が100倍、1000倍になる通貨も多数あります。

しかし同時に、ボラティリティの高さはデメリットにもなります。価格が急に下落することもあります。2017年12月に1BTCあたり最高約240万円だった価格は、2018年2月には70万円を切るくらいにまで値下がりします。

仮想通貨は1億円以上の資産を持つ「億り人(おくりびと)」を多く作り出しましたが、同時に大きな損失を出した人も多く作り出しました。2017年末は仮想通貨がバブルとも言える状況で、限りなく価値が上昇していくと多くの人が思っていました。しかしそういった期待とは真逆にバブルは崩壊し、大きく値を崩しました。

仮想通貨取引はどの取引所を利用すればいい?


多くの仮想通貨取引所の中で、どこを利用すべきかは迷うところです。取引所によって特徴があり、様々なメリットがあるので自分の利用シーンに合わせて取引所を選びましょう。

取引所の口座開設にはKYC(顧客確認)が必要となり、運転免許証やパスポートなどの公的書類と、確認のために送付される郵便物の受取りが必要になります。そのため、申し込みから取引開始までには日数を要します。利用する可能性があれば、複数の取引所の口座開設をしておくことも可能です。

販売所形式か取引所形式か

仮想通貨取引所には、「販売所形式」「取引所形式」があります。取引所によって、どちらを採用しているかは異なります。また、販売所形式と取引所形式の両方を採用している仮想通貨取引所もあります。

「販売所形式」の場合、仮想通貨の取引相手は取引所です。取引所が提示する金額での取引となります。スプレッド(売値と買値の差)が大きく、短期売買で利益を上げることは難しくなりますが、取引を急ぐ場合や大量の取引を行いたい場合に向いています。また、ネットショッピングと似た感覚で取り引きできるため、初心者でも取引しやすい形式です。

「取引所形式」の場合、仮想通貨の取引相手は他のユーザーです。そのため、取引相手が現れなければ取引が成立しません。取引が成立していない注文は、「板」と呼ばれる一覧に掲載され、取引相手が現れるのを待ちます。需要と供給のバランスによって価格が形成され、スプレッド(売値と買値の差)が小さめです。最初は目まぐるしく変化する「板」に圧倒されるかもしれませんが、取引所形式の取引所を使いこなすことが、より大きな利益を上げるためには必要です。

手数料はどのくらいかかる?

仮想通貨取引所によって手数料は異なります。取引手数料は、取引金額に対し一定の割合で取引手数料が差し引かれるというのが一般的です。また、取引所で「板」に掲載する注文を出した場合はマイナス手数料となり、手数料をもらえるというサービスを提供している取引所もあります。

取引をしたとき以外に、入金や出金の際に手数料が必要になる場合もあります。入出金を行う金融機関やサービス内容によって手数料が異なる場合もあるので、事前に確認しておきましょう。

また、明記されている売買手数料と合わせて、明記されていない「スプレッド(売値と買値の差)」も実質的な売買手数料になります。1BTCの売値が50万円、買値が48万円と提示されている場合、スプレッドは2万円です。買った瞬間に2万円のマイナスとなり、2万円以上値上がりしなければ利益を出すことができません。スプレッドは一定ではなく、相場が大きく動くときはスプレッドが大きくなりがちなので、注意が必要です。

取引できる通貨の種類は?

仮想通貨取引所によって、取り扱っている仮想通貨は異なります。時価総額1位のビットコイン(Bitcoin:BTC)はほとんどの仮想通貨取引所で取り扱いがありますが、イーサリアム(Ethereum:ETH)やリップル(Ripple:XRP)といった仮想通貨は、取り扱いがない取引所も多くあります。取引したい通貨が決まっている場合は、事前に取り扱いがあるか確認しておきましょう。

現物取引以外の取引もできる?

通常の売買のことを「現物取引」といいます。ボラティリティが高い仮想通貨とFX取引や先物取引を組み合わせて、さらに大きく利益を上げるサービスを提供している取引所もあります。

仮想通貨FX取引や仮想通貨先物取引に興味があるなら、それらのサービスを提供している取引所に口座開設しておきましょう。

セキュリティ面は大丈夫?

2018年は、日本の仮想通貨取引所を舞台にした流出事件が2件発生しました。それによって金融庁は仮想通貨取引所に立入検査を実施し、業務改善命令などを何度も出す事態になりました。また、海外の取引所でも同様の事件は何度も起こっています。

日本の事件では、取引所が一定の補償をすることが発表されています。しかし、規約上は取引所は一切の責任を負わないとされています。仮想通貨の世界では何が起きても自己責任とされていますが、だからこそ、どの取引所を利用するかは慎重に決めなければなりません。

ただ、個人が取引所のセキュリティ体制について判断するのは難しいことです。ネット上では様々な意見や評価を見ることができます。また、日本の仮想通貨取引所は金融庁に「仮想通貨交換業者」として登録することが義務付けられています。現在は登録申請中であっても「みなし業者」として営業することはできますが、「仮想通貨交換業者」として登録されていることを、目安の一つとすることができます。

どの仮想通貨の取引を行う?


仮想通貨と一口に行っても、その種類は千種類を大きく超えています。様々な特徴を持つ仮想通貨の中から自分が取引する通貨を決めることは、楽しい作業です。

メジャーな通貨を資産として保有

仮想通貨の時価総額は、CoinMarketCapCoinGeckoで見ることができます。仮想通貨を資産として保有し、中長期的な値上がりを期待するなら、時価総額が上位のものから選びましょう。ボラティリティが高い仮想通貨の中ではある程度の安定性があり、詐欺的なものは少ないと思われます。

「草コイン」で爆発的な値上がりを期待

「草コイン」というのは、笑ってしまうくらい価値が低い仮想通貨のことを指します。100倍、1000倍といった爆発的な値上がりを期待して仮想通貨を購入するなら、まだあまり知られていない「草コイン」を購入しなければなりません。

仮想通貨が新たに発行される際は、目的や計画が詳細に記された「ホワイトペーパー」と呼ばれる書類が公表されます。内容に賛同できるものがあれば、そこに夢を乗せてみるのもおもしろいかもしれません。

ただし、ホワイトペーパーに記された全てのことが実現するとは限りません。中には最初から詐欺を目的とした仮想通貨もあるので、注意が必要です。

仮想通貨を購入した後も要注意!

急激な価格変動は起こってないか?

仮想通貨は、わずかな時間で大きく値が動きます。寝て起きたら、10%以上値が動いていたということもざらにあります。リスク管理のために、ある程度の含み損が発生した時点で決済できるようにしておきましょう。我慢できるギリギリの金額で「指値注文」を行っておけば、その金額になったときに取引されます。

重要なニュースが発表されてないか?

仮想通貨は世界に普及しつつあるといっても、まだまだ小さな市場規模です。そのため、ちょっとしたニュースに敏感に反応することがあります。政治家や投資家などの発言に、大きく影響を受けることもあります。特に草コインなどを保有しているときは、その通貨に関するニュースは見逃さないようにしましょう。

また、仮想通貨に関するニュースの第一報は、TwitterやFacebookなどのSNSで発信されることが多くあります。注目する通貨や取引所をフォローしておけば、いち早く情報を手に入れることができます。

仮想通貨取引を安心して行うためのまとめ


仮想通貨取引を安心して行うためには、全てを納得した上で行うことが必要です。各取引所のルールを理解し、取引する仮想通貨のことも知った上で取引を始めましょう。と言っても、実際に経験することが最も早く理解することにつながります。まずは無理のない範囲で、少しの金額から始めましょう。

仮想通貨は、まだまだ始まったばかりの新しい金融商品です。これからさらに発展していきます。取引する中で、新たな興味も湧いてきます。あせらずに、じっくりと仮想通貨に取り組んでください。

資産運用仮想通貨
スポンサーリンク
これからの時代を生き抜く為に

コメント