仮想通貨FX取引のメリット・デメリットをわかりやすく説明

資産運用

仮想通貨は、新しい金融商品として注目されています。これまでにも株式や外国為替FXなどの金融商品がありましたが、少ない資金から始められることや、大きく動く相場によって大きな利益を出しやすいことなどから、人気を集めています。

仮想通貨取引は、従来の金融商品と同様の多様化も見せています。現物取引のほか、FX取引や先物取引のサービスを提供している仮想通貨取引所もあります。

この記事では、その中から仮想通貨FX取引に焦点を当て、メリットやデメリットを分かりやすくご説明します。

仮想通貨FX取引とは

現物取引とFX取引

「現物取引」というのは、通常の取引のことです。1BTC(ビットコイン)=50万円のとき、100万円支払って2BTC購入できます。所有する2BTCを売却すれば、100万円が手に入ります。BTCを所有していれば、他の取引所に送金したり、BTCに対応している店舗で買い物をしたりすることもできます。

現物取引に対し、「FX取引」というのは「信用取引」とも言われます。「証拠金」として預け入れた資産の範囲で、取引を行います。100万円の証拠金を預け入れると、損失が100万円になる範囲内で取引ができます。

サービスを提供する取引所によってルールは異なりますが、分かりやすく例を挙げてご説明します。

例えば、証拠金を100万円預け入れて、1BTC=50万円の時に5BTCの購入ができます。「50万円×5BTC=250万円」になり、証拠金より大きくなりますが問題はありません。ただし、この5BTCは同じ取引所で売却することしかできません。他の取引所に送金したり、買い物に利用したりすることはできません。

その後、5BTCを売却するときに1BTC=40万円になっていると50万円の損失、1BTC=60万円になっていると50万円の利益となり、証拠金と合算されます。もし、1BTC=30万円にまで値下がりすると、100万円の損失となり、証拠金と差し引かれて資金がゼロになります。

同じ取引所で取引を完結させるという約束のもと、証拠金よりも大きな金額の取引が可能になっています。

「FX」という言葉は「Foreign Exchange」の略で、もともとは「外国為替証拠金取引」を表す言葉でした。仮想通貨FXは外国為替と関係ありませんが、同じ仕組みのため「仮想通貨FX」と呼ばれるようになりました。

証拠金を預けて取引スタート

仮想通貨FX取引を始めるにあたって、必要となるのは証拠金です。日本のほとんどの仮想通貨FXを取り扱う取引所では、日本円を証拠金として預け入れます。また、取引所によっては日本円以外にBTC(ビットコイン)などの仮想通貨を証拠金として預け入れできる所もあります。

海外の仮想通貨FX取引業者を利用する場合は、日本円を証拠金にすることはできません。ほとんどの場合、BTCなどの仮想通貨を証拠金として預け入れます。

レバレッジとは?

仮想通貨FX取引をする上で、重要となるのが「レバレッジ(leverage)」です。和訳すると「てこ」を意味しますが、FX取引では証拠金に対して取引可能な金額の倍率を表します。

どの程度のレバレッジが設定できるかは、取引所によって異なります。日本の取引所では5~25倍程度ですが、海外には100倍という高いレバレッジ設定ができる取引所もあります。

ロスカットルール

FX取引でBTCなどを買っているとき、相場の値動きによって「含み益」や「含み損」を抱えることになります。「含み益」や「含み損」というのは、その時点で決済すると発生する利益や損失のことです。含み益が発生している時は問題ありませんが、含み損が証拠金に対して一定の割合を超えると強制的に決済され、清算されてしまいます。それを、「ロスカットルール」と呼びます。

ロスカットルールは、取引所によって異なります。取引を始める前に、よくロスカットルールを理解しておきましょう。

追証(おいしょう)

「追証(おいしょう)」とは、「追加証拠金」のことです。含み損が一定の割合を超えた場合、ロスカットを防ぐために「追証」を求められることがあります。追証を預け入れることで含み損の割合を下げ、ロスカットを防ぎます。

追証が必要になった場合、預け入れられるまでの間は取引が制限されることもあります。

仮想通貨FX取引のメリット

資金より大きな金額の取引が可能

レバレッジを効かせての取引が可能なため、自己資金よりも大きな金額の取引が可能です。レバレッジが10倍で証拠金を10万円預け入れると、100万円分の取引が可能になります。現物取引と比べると、大きな利益を出しやすいというメリットがあります。

下落相場でも利益を出せる

現物取引とは異なり、同じ市場内で取引を完結させるという約束があるため、「売り」から参加することができます

例えば、今「1BTC=50万円」で、値下がりすると予想した場合は、「売り」注文を行います。後で買い戻すという約束のもと、先に売ることができます。「1BTC=50万円」の時に1BTCを売り、「1BTC=40万円」になってから買い戻すと、10万円の利益が出ます。

基本的に現物取引では相場が上がるときしか利益を出せませんが、FX取引の場合は下落相場でも利益を出すことが可能です。

仮想通貨FX取引のデメリット

レバレッジが大きくなれば、リスクも大きくなる

レバレッジによって自己資金以上の取引が可能となり、大きな利益を出せるというのがFX取引の大きな魅力です。しかし、裏を返せば損失も大きくなりやすいということです。

レバレッジを効かせて限界ギリギリで勝負するのではなく、ある程度余裕を持って取引しましょう。

急な相場の変化で思わぬ損失が発生

損失が大きくなればロスカットによって強制的に清算されますが、相場が急に動いたときは注文が殺到するため、ロスカットが間に合わず、証拠金以上の損失が発生することもあります。

証拠金以上の損失については、取引所によって対応が異なります。取引しようとする取引所では、損失が証拠金を超えた場合にどのような対応がとられるのか、事前に確認しておきましょう。

対応している通貨は少ない

仮想通貨FX取引は、全ての仮想通貨で取引できるわけではありません。取引所ごとに異なりますが、BTCを中心に数種類程度の通貨に対応しています。

仮想通貨FX取引は、「新しい仮想通貨の爆発的な値上がりに期待する」という投資スタイルには向いていません。

仮想通貨FX取引ができる取引所

国内の仮想通貨FX取引所

日本では、下記の取引所で仮想通貨FX取引ができます。

取引所名新規口座開設取扱通貨最大レバレッジ
bitbank Trade3/31終了BTC20倍
bitFlyerBTC15倍
BITPointBTC25倍
coincheckBTC、ETH、ETC5倍
DMM BitcoinBTC、ETH、XEM、XRP、LTC、ETC、BCH4倍
GMOコインBTC、ETH、BCH、LTC、XRP10倍
Liquid by QuoineBTC、ETH、XRP25倍
ZaifBTC、MONA7.77倍(AirFX取引は25倍)

BCH:Bitcoin Cash(ビットコイン・キャッシュ)
BTC:Bitcoin(ビットコイン)
ETC:Ethereum Classic(イーサリアム・クラシック)
ETH:Ethereum(イーサリアム)
LTC:Litecoin(ライトコイン)
MONA:MonaCoin(モナコイン)
XEM:NEM(ネム)
XRP:Ripple(リップル)

海外の仮想通貨FX取引所

海外にも仮想通貨FXに対応した取引所がありますが、その中で日本人に人気の取引所がBitMEXです。

BitMEXは、香港に拠点を置く仮想通貨FX専門の取引所です。最大100倍のレバレッジ日本語対応証拠金以上の損失が発生しないなどの多くのメリットで人気です。

海外の取引所ですが、日本語にも対応しているので比較的スムーズに利用できると思います。ただし、証拠金として預け入れできるのはBTCのみとなるため、まず日本の仮想通貨取引所でBTCを購入し、BitMEXに送金する必要があります。

仮想通貨FX取引のまとめ


仮想通貨FX取引は、仮想通貨を金融商品として楽しむための方法として大きな人気があります。従来の金融商品と比べ、少額の資金から手軽に始められるというのも魅力の一つです。しかし、大きな利益が出せるというメリットは、大きな損失も出しやすいというデメリットでもあります。

仮想通貨FX取引を行う際は、各取引所で定められたルールをよく理解し、無理のない範囲で始めてください。

資産運用仮想通貨
スポンサーリンク
これからの時代を生き抜く為に

コメント