子どもにプログラミングは難しい!?基礎をわかりやすく解説

子どもにプログラミングは難しい!?基礎をわかりやすく解説 プログラミング

2020年には小学校でプログラミング学習が義務化され、近い将来、お子さんさから「プログラミングってどんな事するの?」という質問がきた時に、スムーズに答えられるという保護者の方は、少ないでしょう。

ですが、予習のためにプログラミングを学んでお子さんに教えてあげようと思っても、

  • 聞き慣れない専門用語が多すぎる
  • プログラミングのイメージが湧きにくい
  • プログラミングについて具体的に説明できない

など様々な不安や疑問などが出てきます。

そこで、この記事では「難しい専門用語はなし」

  • プログラミングとは何か
  • 子供が始めやすいプログラミング学習など

プログラミングについて紹介します。

お子さんにプログラミングについて話してあげたいと考えている保護者の方はぜひ参考にして下さい。

プログラミングとはどんなものか

子どもにプログラミングは難しい!?基礎をわかりやすく解説

プログラミングとは、一言で言うとコンピューターに「○○をして下さい」「もし○○だったら△△をして下さい」という指示を与える為の技術になります。

コンピューターは人間のように臨機応変に動く事はできないので、コンピューターが理解できる言葉で、指示を出さないとコンピューターは動いてくれません。

ですが、コンピューターが理解できる言葉は「機械語」と呼ばれる「0と1が一定の規則で並んだ言葉」です。

一定の規則なので理解出来ない事もありませんが、機械語を人間の言葉に訳すのは、至難の業になります。

参考までにアルファベットの【Z】を機械語で表すと、

  • 「1011010」

上記のような数字が無数に並んでいる機械語を、理解して使いこなすまでに、たくさんの時間と労力を使ってしまいます。

そこで、人間が理解でき、機械語に翻訳もしやすい言語、「プログラミング言語」が開発されました

プログラミングという技術で、コンピューターに行って欲しい事を順番に書き、渡しておくことで正確に指示通りの事を自動で行ってくれるようになります。

プログラミングはコンピューターに渡す指示書

プログラミングというのは、コンピューターに渡す「指示書」・「マニュアル」です。

プログラミングを覚える事で、人間が行っている事も自動化してくれるのでとても便利になります。

例えば、スーパーなどのお店を想像して下さい。

お店での行動は、

  • 店内で商品を探す
  • 気に入った商品があればレジに持って行く。ない場合はお店を出る。
  • レジで店員さんにお金を払う
  • お店を出る

というのが基本的な流れかと思います。

ですがスーパーなどのお店は営業時間が決まっていて営業時間内に買い物を終わらせないと行けません。

また、店舗限定の商品だった場合は、特定の店舗まで向かわないといけません。

ですが、プログラミングで、「ネットショップ」というプログラムを作れば、24時間買い物ができ、九州の人が北海道限定の商品を購入する事も可能です。

また、お店側もネットショップというプログラムが24時間、店員さんとレジの代わりを行ってくれるので、実店舗より少ない経費でお店を運営できます。

プログラミングという技術は、人間が行うべき仕事の一部も自動化してくれるとても便利な技術です。

プログラミングで出来ること

ネットショップを一例にしましたが、プログラミングで出来る事はたくさんあります。

一例ですが、

  • テレビゲームの開発
  • スマホ・パソコンアプリの開発
  • ネットショップなど様々なWebアプリケーション開発
  • 自動販売機・家電製品など組み込み系プログラムの開発など

上記はほんの一例で、例を挙げるとキリがないほど様々な事が可能です。

プログラミング言語の種類は膨大な数

子どもにプログラミングは難しい!?基礎をわかりやすく解説

プログラミングの数は非常に多く、世界中で開発されたプログラミング言語は200種類以上になっています。

プログラミング言語には、得意・不得意があるので、開発するものに応じて適切なプログラミング言語を使用する必要があります。

だからといって、200種類以上のプログラミング言語を全て覚える必要は、もちろんありません。

200種類以上ある言語で主流になっている言語は、20~30種類程度でそこから、自分の目標に合った言語を数個覚える程度で、十分仕事でも趣味でも力を発揮する事が可能です。

初心者向けのプログラミング言語

初心者向けのプログラミング言語は、

  • PHP
  • Python
  • Ruby

上記の言語が初心者には非常にオススメです。

プログラミングの書き方もシンプルで分かりやすく初心者向けの言語なのに、本格的な大規模開発もできる優秀な言語です。

また、ネット上に情報がたくさんあり、悩んでしまう箇所も比較的スムーズに解決する事が出来ます。入門書なども豊富なので、学習が行いやすい言語です。

小学生向けのプログラミング

小学生でプログラミング言語を取得したいと言われたら、悩む保護者の方も多いのではないでしょうか。

コードを書き、エラーが出た時に「対処出来なかったらそこで挫折してしまわないだろうか」など不安がかなり大きいはずです。

ですが、小学生でプログラミングに触れてみたいという願いを叶えるツールがあります。

それは、「Scratch(スクラッチ)」というプログラミングツールです。

これは、直接プログラミングコードをパソコンで打つのではなく、パズルゲームのように、コードを置いていき自分のオリジナルアプリを作成する事ができるツールになります。

「小学1年生くらい~」プログラミングをゲームで学ぶ事ができるので、楽しく「プログラミング的思考」を鍛えることが可能です。

プログラミング教育を行う必要性

子どもにプログラミングは難しい!?基礎をわかりやすく解説

2020年には小学校でプログラミング学習の授業が始まります。

これは、プログラマーやエンジニアなどIT関係で、働く人達が悩んでいる深刻な人手不足を解消する為の対策の1つです。

ですが、一番の目的は、「プログラミング的思考」を育てる為に、小学生という早い段階でプログラミング授業を取り入れています。

プログラミング的思考とは、目的を達成する為に行う事や優先順位を考え、効率的に行う能力の事です。

プログラミング的思考は、全ての社会人に必要な能力であり、様々な事を吸収できる小学生のうちから、知識として定着させようとするのが、一番の目的になります。

プログラミングの勉強方法

子どもにプログラミングは難しい!?基礎をわかりやすく解説

本格的にプログラミングを学びたいと思った時に、勉強方法は2つです。

  • 独学で学ぶ
  • スクールで学ぶ

上記の2つの方法があります。

どちらにもメリット・デメリットがあるので、自身の環境に合わせて勉強を行って下さい。

それぞれのメリット・デメリットについて紹介します。

独学で学ぶ方法

独学で学ぶ方法ですが、近年ではプログラミングに関する情報が、かなり多く、独学でもプロ顔負けの技術を取得する事が可能です。

また、独学の場合、ネットでの情報と必要に応じて書籍の購入だけなので、学習費用がほとんど掛かりません

参考書を買いすぎて、金額が大きくなっても1万円~2万円程度で収まります。

ですが、わからない事や突発的なエラーに対して、すぐに相談できないというデメリットがあり場合によっては、エラーを解決するのに数日・数週間過ぎる事もあるので、「モチベーションの維持が難しく」志半ばで挫折する人が多いです。

プログラミングスクールに通う

プログラミングスクールも

  • 教室に通うオフライン型
  • 自宅で授業を受ける事が出来るオンライン型

上記のような種類があります。

受講料はオンライン型の方が安い傾向です。

ですが、受講料は独学で学ぶより遥かに高く、安い方のオンライン型でも15万円~という金額が多く「気軽に通ってみよう」と思える金額ではありません。

お金が掛かるという大きなデメリットはありますが、分からない事や特殊なエラーに対してもメンターがすぐ助けてくれるので、挫折する事がありません。

また、解決方法の具体的なヒントをくれたり、実際の開発現場で主流になっている方法を教えてくれたりするので、より実践的な事を短期間で覚える事が可能です。

「スムーズに実践的なスキルを短期間で覚えて活躍したい」という方には非常にオススメです。

まとめ

子どもにプログラミングは難しい!?基礎をわかりやすく解説

プログラミングについての基礎知識などについて紹介してきました。

プログラミングは、1日、2日で覚えられる技術ではありません。

また、必要に応じて新しい知識を取得する必要もあるので、「プログラミングが好き」という気持ちがないと続ける事は難しいです。

プログラミングは簡単に覚えられる技術ではありませんが、子供向けに開発されたツールがあるので、小学生低学年から楽しく、ゲーム感覚で覚える事が出来ます。

もし、お子さんがプログラミングを覚えたいという気持ちがあった場合、挑戦してみてはいかがでしょうか。

時間の無駄になる事はありません。きっと貴重な体験になるはずです。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

プログラミング
スポンサーリンク
これからの時代を生き抜く為に

コメント