日本のプログラミング教育は海外と比較するとかなり遅れている!?

プログラミング 教育 海外 プログラミング

以前までは、プログラミングといえば、プログラマーやITの世界で活躍する人だけに使用される技術でしたが、近年では将来の為にと、小学校の習い事としても非常に人気が高いです。

また、2020年に小学校でプログラミング教育の必修化が決定したことにより、日本でも小学校という早い段階で必然的にITに触れる機会が出てきました。

ですが、日本のIT教育は海外と比較してかなり出遅れていると言われています。

この記事では、日本でのプログラミング教育事情や海外でのプログラミング教育を比較してみたいと思います。

海外のプログラミング教育などについて興味がある方はぜひ参考にして下さい。

プログラミング教育必修化の背景について興味がある方は以下の記事も参考にして下さい。
2020年教育改革-小学校でプログラミングが必修化される理由とは

日本は遅れている?日本のプログラミング教育事情

プログラミング 教育 海外

日本では、パソコンを使った授業などは他の国と比較すると遅れているほうです

また、海外の多くの国では、小学校低学年の段階から、プログラミングなどの選択科目があり、希望する子供は、早い段階でプログラミングを学ぶ環境が出来ています。

海外でも全ての生徒に対して、必修化しているという国はそこまで多くはありません。

ですが、希望する生徒に対して、プログラミング教育を行える環境がある国が多い中、日本は環境の整備も整っていない状態なので、プログラミング教育に関しては少し出遅れていると言えます。

準備不足の状態での開始

2020年には、小学校でプログラミング教育の必修化が行われますが、日本でも既に中学校でプログラミング教育を行っている中学校もあります。

ですが、プログラミング教育を行う環境も必要ですが、先生達がプログラミングの知識を付ける事も必要です。

プログラミングの知識が、豊富な先生は少ないのが現状で、先生達の理解度に応じて、授業の質に差が出るのが現状であり、抱えている問題でもあります。

このような問題を解決できていない状態でのプログラミング教育なので、「しっかりとした知識が身につくのか」という不安が残っている状態です。

プログラミング教育の問題点について詳しく知りたい方は以下の記事も参考にしてみて下さい。
プログラミング教育必修化の背景にある深刻な問題点とは?

日本と親交が深い海外のプログラミング教育

プログラミング 教育 海外

日本と親交がある、韓国やアメリカなどの海外はどうでしょうか。

韓国はプログラミング教育など、情報技術の重要性をいち早く理解して、導入を行った国です。

この章では、韓国やアメリカのプログラミング教育事情について紹介します。

韓国

韓国では、小学校~中学校までの授業課程の中で、ICTリテラシーの教育が必修化されています。

ICTリテラシーとは、IT技術にコミュニケーションを足したことを呼びます。

具体的には、ITの技術を使うのは人間であり、自分以外の人間に対して、情報の共有や理解力などをしっかりとできる力を養う教育を行う事です。

韓国では、小学校などの早い段階で、ITに対しての正しい知識と考え方、コミュニケーション能力を養う力をつける教育に力を入れています。

また、高校になると、人工知能などの開発に使用されるPython言語を使用してのプログラミングの技術的な部分の教育が始まります

アメリカ

アメリカは教育など、州ごとに違いがあり様々な授業スタイルがあります。

また、アメリカではプログラミング教育の必修化はされておらず、各州の学校に指導時間や指導裁量を任せている部分が多いです。

ですので、ほとんどの学校では、選択科目として希望する生徒だけがプログラミング教育を受ける事ができるようにしている学校が多く、実際のプログラミング教育の普及率は不明確な点があります

その他海外のプログラミング教育について

プログラミング 教育 海外プログラミング 教育 海外

アメリカや韓国以外の、他の海外では、プログラミング教育は必修化されているのでしょうか。

意外ですが、IT先進国であるインドでは、プログラミング教育の必修化は行われていません。

この章では、日本との親交が深くない海外も含めて、プログラミング教育について紹介します。

イギリス

イギリスでは、5歳~16歳の児童に対して、アルゴリズムの学習やプログラミング言語の学習など、本格的なプログラミング教育が行われています。

イギリスでは、プログラミングなどの情報技術を国が率先して、力を入れるようにしています。

フランス

フランスでは、ICTリテラシーの学習は小学校から必修化されています。

また、一部の高校では数学の授業でプログラミングを使用した授業が行われています。

プログラミングの技術的な部分の学習は必修化されていませんが、ICTリテラシーなどプログラミングの技術を使う為の知識などは早い段階で、授業に取り入れられています。

ロシア

ロシアではイギリスと同様にプログラミング教育に力を入れています。

小学校低学年から、プログラミング教育が必修化されており、ICTリテラシーの教育アルゴリズムの知識の学習を行い、小学校高学年からはプログラミングの技術的な授業を中心に行われていきます。

ロシアはICTリテラシーの中で、特にアルゴリズムの学習に力を入れており、小学校低学年から簡単なアルゴリズムの理解を深める事で、問題解決能力を養うことを目指しています。

インド

この章の始めで少し触れましたが、IT先進国であるインドでは、プログラミング教育の必修化は行われていません。

ですが、プログラミングの技術的な部分を教えるのではなく、情報を正しく共有できるようにICTリテラシーの教育に力を入れています。

また、インドでもアメリカ同様、地域によって規定が様々ですが、多くの小学校でパソコンなどを使った情報技術に関する授業が行われています。

まとめ

プログラミング 教育 海外

海外と比べると日本は、プログラミング教育に関して充実していません。

ですが、日本の教育水準は非常に高く優秀だと言えます。

ですので、現状では様々な問題を抱えている日本のプログラミング教育ですが、現在抱えている問題を解決し、海外に負けないプログラミング教育の環境を整えることができるはずです。

日本のプログラミング教育はこれから始まったばかりなので、今後非常に期待できます。

プログラミング
スポンサーリンク
これからの時代を生き抜く為に

コメント